×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼稚園 教諭 の 免許

幼稚園教諭の免許を取りたいという人は、沢山いるのですが、幼稚園教諭の給料や求人状況を把握していないことがるのです、それは、幼稚園の教諭は、イメージで子供と触れ合える仕事と思いがちなのですが、実は肉体労働なのです。幼稚園教諭について考えてみませんか?

幼稚園 教諭 の 免許

幼稚園教諭(ようちえんきょうゆ)の試験を受けようと、

考えている人は沢山いるのですが、

幼稚園教諭(ようちえんきょうゆ)は、

幼稚園における教職員なのです。

幼稚園で働いている職員のうち、

おおむね、副園長、教頭、主幹教諭、指導教諭、

教諭、助教諭、師、養護教諭、養護助教諭、

栄養教諭などの職員を幼稚園教諭と呼ぶのです。

でも、この幼稚園教諭の「副園長」「養護をつかさどる主幹教諭」

「栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭」

「養護教諭」「養護助教諭」「栄養教諭」でない者は、

「幼稚園の教員の免許状」を有していなければならないという、

条件があり、多くの一般的に言われている、

幼稚園教諭はこの、「幼稚園の教員の免許状」を

習得している人たちを指して言うのです。

また、幼稚園教諭普通免許状には、

専修、一種、二種の種類があり、それぞれ習得の条件があるのです。

基本的に幼稚園の教諭免許は、

幼稚園教諭免許状の取得課程がある養成機関つまり大学などで、

大学卒業と同じように必要単位数をクリアーして取得することになるが、

それ以外の養成機関を卒業した人については、

学歴を基礎資格としてその取得に必要な

単位数だけ修得する方法があるのです。

すなわち例えば、短期大学の工科系卒業といった

幼稚園教諭養成課程とは全く関係のない人であっても、

高校卒業よりも比較的少ない単位で

二種免許の取得ができるというものである。

現在では、玉川大学、明星大学、創価大学、佛教大学。

大阪芸術大学短期大学部の各通信教育部で

学歴を基礎資格に免許状取得に

必要な単位数だけをとるという課程もあるのです。

創価大学については、大学中退者であっても

2年以上の在学で卒業所要単位として

62単位以上修得していれば

二種免許状取得課程(免許コース)に入学して

取得していく方法などもあるのです。

いろいろな過程で幼稚園教諭になりたい人は、

自分にあった条件で資格を取る方法がいろいろとあるので、

幼稚園の教諭になりたいのであれば、

希望を捨てずに、いろいろと検討するだけの価値があるのです。